どんなエクササイズよりも一生涯健康を維持できる姿勢習慣

2016-04-13


本当にいい50代のためのアンチエイジングの方法

どんなエクササイズよりも一生涯健康を維持できる姿勢習慣

この頃では、男性もアンチエイジングを意識しておられる方が
非常に多くなっています。

男性のスキンケアの種類は増え、
従来のものとはくらべものにならないほど
急発展しています。

男性用の美顔器でさえ珍しくなくなって来ました。
お肌をケアする程度の方から

本格的に衰えの対策へと変わっています。

以前は日焼け止めも使用せずに長い年月、
過ごして来た世代には
今になって大きな代償がやってきています。

シミやたるみは女性だけでなく
お手入れ不足の男性陣には切実なようです。

現在、若い世代の男性達は
UVケアは常識。

洗顔もボディとは分け、
乾燥対策もしっかりされます。

本当に近頃の若い世代の男性たちはみんな美肌。

私たち50代は、今ほど情報がなく
紫外線の悪影響など知る由もありませんでした。

でも世の男性陣もきれいになっていく事はとても嬉しい事です。

お肌のケアや、筋肉を鍛えることは一生懸命でも
女性に比べて、歩き方にまで気を配る方は少ないようです。

ジムなどに通い、トレーニングに励み
身体作りには積極的でストイックで
スポーツマン。

でも、やはり姿勢が悪いと少し残念。
そして歩き方も。

最近、気になるのは、観察していて、

男性のO脚が多いこと。
ガニ股に限らず。

O脚は骨格だけの問題ではなく、
姿勢の習慣や、歩き方など

生活習慣からだんだんひどく
なってきます。

気をつけていないと、全く違っていたのに
いつの間にか膝の間が大きく開いて来ます。

脚を組むのをやめて
歩き方を改善すると
かなり変わってきます。

男性も鏡に映る自分の歩き方をもっと
チェックして下さい。

男性のO脚はスーツスタイルでは
目立ってしまいます。

上半身の筋肉を鍛えることも
大切ですが

同じくらいに、
姿勢や歩き方にも
注意を払って欲しいですね。

歩き方を改善しないで
上半身ばかり鍛えると

バランスが取れにくく
腰痛も進みます。

これは男女共に
当てはまることです。

私が日頃アドバイスしている事で
効果の高いのは、階段の上り下り。

なるべく駅では
階段を使ってみましょう。

とくに長いエスカレーターの横は
張り切って階段に挑戦して下さい。

コツは自分の足の着地部分を、
もう一方の足との
一直線上よりも内側になるような位置に足を置く事です。

その時に、膝同士が擦れ合い、また
くるぶし同士が当たるように足を運びましょう。

そしてかかとの部分は階段の面、床には置かずに
落として上がります。

靴の前側だけで、ヒールはのせないやり方です。
要はつま先だけを使って上がります。

この時とても重要なのは、一段一段上がるごとに
膝の裏側を伸ばします。

こうする事で、
腰の筋肉を鍛えることになります。

腰痛の方は
歩く時に腰を、腰周りとおしりの筋肉で
しっかりと支えて歩きます。

下りは
膝同士を決して離さないようにして、
先ほどと同様一直線上よりも内側に着地させます。

そして、
つま先でおります。

階段での上り下りは、
普通の坂道よりも効果があります。

エレベーターを待つくらいなら
階段を選ぶように心がけましょう。

スタイルのためにも
重要ですよ。

一週間もすれば
ふくらはぎが締まりきれいな形になって来ます。

毎日の階段が楽しみになりますよ。

このちょっとした、日常の心がけで
誰もが、痛感しているアンチエイジングのための
足腰を作っていきます。

意識しないで階段や、坂道を
見っともない姿勢や、歩き方で
上り下りしていたらどうなるでしょうか。

膝を痛めたりするだけでなく、
脚の形は明らかに変わって来ます。

女性の多くは階段や坂道を
腰を突き出し、背筋が曲がった状態で
上り下りしています。

見た目をもっと意識して
美しく優雅に出来ると素敵ですね。

以前も述べたのですが、
いつもフラットな靴ばかりを履くのではなく、

ヒールの高さも変化させて
色々努力してみましょう。

自分の足に合った靴を選ぶことが
大原則です。

必ず、ある程度の価格の物を選ぶことと、
バーゲンで妥協して買ったり、安物は買わない事です。

痛くても我慢して履いていると、
外反母趾や、巻き爪、変形などの
足のトラブルだけでなく、

姿勢が極端に悪くなり、
直ぐに腰を痛めてしまいます。

靴が合わないだけで、頭痛や、肩凝りまでも
併発させるとさえ言われています。

靴選びは重要ですので、
必ず専門のシューフィッターがいるところで
購入する事です。

その際に、両足に履くだけでなく
しばらく歩き回り感触を確かめて見ます。

ゆとりがあると楽なようですが
靴は伸びてきますので、

最初からゆったりしたものでは
指が安定せずに余計に疲れてしまい

また、靴擦れにもなります。

フィットしてる事が条件で、
指が折れていないか確かめます。

全くヒールのない
ぺったんこのフィットシューズが
一番いいというかたも、

3センチ〜5センチくらいの
低いヒールのパンプスを履いてみられる事を
おすすめします。

慣れてくると、
姿勢自体が変わってきて
美しくなります。

歩き方もこれまでに書いてきた
階段も楽に応用出来ると思います。

足首は断然締まります。
是非、いい靴選びをしましょう。

ポイント 今だけ!無料プレゼントのご案内



当ホームページに訪問された方限定!電子書籍を無料でプレゼントいたします!

Copyright(c) xxxxxx All Rights Reserved.