将来困らないための45歳からのアンチエイジングの方法

45歳からふさわしいアンチエイジングの効果的な方法について考えてみましょう。アンチエイジングの方法は実に様々ですが、45歳からの女性がまず早期に取り組みたいことからあげてみます。45歳からの女性にとって運動機能の低下は重要な問題です。アンチエイジングに取り組もうとする45歳からの女性がまず真っ先に考えるとしたら、どういう方法で筋肉量を増やすか?またはそれらの筋肉をどのようにして維持していくか、ということでしょう。

ポイント 40代、50代女性には40代、50代の女性なりの取り組み方があります

将来困らないための45歳からのアンチエイジングの方法

45歳前後になれば、運動をしない場合、筋肉量は減る一方なので、何かしらの方法を考えなければアンチエイジングどころか、生活に支障をきたす事になります。筋肉量が減ると身体への負担が増え、痛みを引き起こす又は、疲労感が抜けないなどという、同じ生活の中でも体感に変化が現れてくるほかに、つまずいたり、転倒しやすくなります。

ですが、激しい運動をできるほど体力がないという方も多いのが現状でしょう。40-50代にふさわしいアンチエイジングの方法としては、無理のない運動で、しかも効率的に筋肉量を増やしていくものがベストだと言えます。

アンチエイジングにいい方法を雑誌などで見て45歳女性がトレーニングを始めたり、ジョギングを開始して、筋肉痛くらいならまだいいのですが、関節を痛めたり、腰痛を引き起こしたというケースもあります。

45歳までの間に適度なトレーニングを継続してアンチエイジングに向かう方法として、取り組んできたのならいいのですが、45歳になってから急に自己流な方法でジョギングやトレーニングを始めたのでは、アンチエイジングに良いとは言えません。

関節も長年使い続けることによって個人差はありますが、クッションの役割を果たす成分のヒアルロン酸やコンドロイチン、グルコサミンなどが減って来ているので、アンチエイジングのために行なう運動の方法は、45歳にあった関節に負担の少ない運動メニューを選ばなくては意味がありません。

45歳から女性が効果的に筋肉量を増やす方法とは

将来困らないための45歳からのアンチエイジングの方法

効果的に筋肉量を増やす方法として今、40~50歳に人気のあるアンチエイジングの対策としては加圧トレーニングというものがあります。血管に圧力を与えて血流量を制限して行なうトレーニング法ですが、関節に負担がかかることなく運動量が増やせます。専門のトレーナーの指導のもとで行なうもので、45歳のアンチエイジングに効果的な方法と言われています。ただし、一度で効果が現れるものではないので、週に1~2度継続して行くことが条件となります。

スイミングや、ウオーキング、も筋肉量を増やす方法としては効果的で、40代もしくは50代以降の方々のアンチエイジングとしても人気があります。しかし、スイミングはアンチエイジングに効果的な方法として以前からも言われてきましたが、忙しい40代女性の日常生活。着替えをして、メイクを落としてからトレーニング開始。トレーニング終了後は、帰り支度に時間もかかるとなると、なかなか継続してトレーニングを行うことは難しいと思います。

ウオーキングは、通勤途中でも可能なので、手っ取り早い方法でアンチエイジングにも効果的です。45歳女性でもすぐに取り入れることが出来そうです。ただし、筋肉量を増やすことがここでの目的になるので、一駅くらいは歩かないと効果は期待できません。

ポイント 女性ホルモンをほったらかしにしてはいけません

将来困らないための45歳からのアンチエイジングの方法

若々しさを保つために筋肉量を増やす方法と同時にやっておきたい事は、女性ホルモンの対策でしょう。女性ホルモン、いわゆるエストロゲンとプロゲステロンは20歳をピークにその後は減少し、閉経時期にはほとんど生産がみられないと言われています。

女性ホルモンには皮膚のコラーゲンを生成しているほか、骨密度の減少やアルツハイマー病を予防したりするほか、抗酸化物質として動脈を保護するという健康面でも重要な役割をしています。

女性ホルモンはただでさえ増やすことが難しいといわれています。少しでも長い期間、女性ホルモンに活躍し続けていて欲しいものです。しかし、ストレスや過労、睡眠不足や、ダイエットなどの食生活の乱れや栄養不足、冷えなど、これらの長期的な環境の悪影響などでも減少するとも考えられています。

まずは、健康的な生活習慣を送る事は女性ホルモンのためにとって、大切な事と言えます。サプリメントを飲んでいても生活習慣や環境が悪いと効果はあらわれにくいでしょう。また、女性ホルモンは精神的な影響にも反応しやすく、ストレスが多い人、またはストレスをうまく解消出来ない人など、精神衛生上、健康的な状態を維持できないと、女性ホルモンは悪影響を受けてしまいます。

ポイント45歳女性に必要不可欠なホルモンとは

将来困らないための45歳からのアンチエイジングの方法

ストレスが全くないという人はいませんから、他人とうまく付き合う工夫や、ストレスを溜め込まず早く解消する方法を見つけることが不可欠になってきます。女性には、とくにエストロゲンも大切ですが、幸せを感じたり嬉しい時に分泌される、幸せホルモンのセニトロンも必要不可欠です。

セニトロンがしっかりと分泌されているときは気持ちも明るくなり、睡眠もよく取れ、朝の目覚めもよくなります。心も前向きになり、表情も豊かになります。このセニトロンのおかげでストレスに対抗できるのですが、逆にセニトロンが不足するとどうなるでしょうか?

良質な睡眠が取れず寝つきが悪い、又は朝起きても疲れが取れていないなど、睡眠障害が起きてきます。同時にショックを受けやすい、落ち込み度合いが激しくなるなど気分が滅入って、プチ鬱などに発展してしまうこともあります。これらのことを長期間繰り返しているとうつ状態になることもありますので、早めに対処しなくてはいけません。

ポイント セニトロンの分泌を促進させる方法

将来困らないための45歳からのアンチエイジングの方法

セニトロンの減少を防ぐには、朝日を浴びることや、日光に当たると良いとされています。もちろん、紫外線対策は考慮しましょう!休日は家にこもってばかりいてはアンチエイジングに悪影響になる事もありますので、早起きを心がけて活動的に過ごすことは精神面でも大切だと言えます。

食事からもセニトロンの分泌を促すことができます。食べ物から摂れるトリプトファンという栄養素がセニトロンを作りだすと言われています。大豆製品や、乳製品、卵、ナッツ類にトリプトファンは多く含まれているので、毎日とりたいものですね。

また、適度な運動を行なう事もセニトロンの分泌を促すことになります。適度な運動は、ホルモン対策や筋肉量を増やすことにもつながりますが、同時にこのセニトロンの分泌も促進します。アンチエイジングの面でも効果的ですのでオススメです。

ポイント40~ 50代女性がやってはいけないトレーニング法とは

将来困らないための45歳からのアンチエイジングの方法

なぜ、激しい運動はアンチエイジングの方法としては効果的だと言えないのか?45歳からの女性の立場から考えて見ましょう。激しい運動のデメリットは、先にも述べたように関節に負担に負担が重いという事が考えられます。膝だけでなく、足首の関節にトラブルが起きてしまうと毎日の適度な運動さえも出来なくなってしまいます。

効果を早めようと、トレーニングマシーンを用いたり、スクワットを取り入れてトレーニング。その数日後、筋肉痛や関節痛をしばらく引きずってしまったという経験がある方はお分かりいただけるでしょう。また、ジョギングなどは脚だけではなく、腰への負担も大きいので、もともと腰にトラブルがある方は注意が必要です。ある程度の準備期間を設けて筋肉作りをした上で運動を行うことが重要です。

関節面だけでなく、45歳前後の女性の一番の悩みである女性ホルモンへの影響はどうでしょうか?個人差はありますが、この年代は多かれ少なかれ、更年期障害のようなものを体感しているのが現状でしょう。のぼせや発汗、動悸、息切れ、息苦しさなどの症状がある時は激しい運動は避けた方がいいのは当然です。

ですが、タイムを測定するようないわゆる競争心を持って行なう運動は、逆に女性ホルモンには悪影響を及ぼすとも言われています。アスリートなどの女性スポーツ選手が、無月経や無排卵が多いという事実からみても納得ができます。同時に、セニトロンの分泌にはやはりストレスを伴うような運動は効果的な方法だとはいえないようです。

ただひたすら運動量にこだわってトレーニングをするというのは、40~50歳女性には少し不向きかもしれません。一定のリズムを持って行なうトレーニングがセニトロンの分泌にはとても効果があると言われています。ウオーキングを少しリズミカルに毎日継続して行なうと、筋肉維持にもなります。ぜひ取り入れて習慣化したいですね。

ポイント なによりもまずは無理をしないことから

将来困らないための45歳からのアンチエイジングの方法

女性ホルモンの減少と共に、倦怠感や疲労感が増大してきます。とてもやる気があって前向きに取り組めるときもあれば、元気が出ない、やる気が一向に起きない、など行動に大きなムラが出てきます。

また、ホルモンのアンバランスのせいで、以前は楽しくやっていた事でさえも、止めたくなったり、興味がわかなくなったりすることもあります。その結果、継続できない自分を責めてしまい憂うつになる原因にもなったりします。この世代女性の特有のものなのだろうとおおらかに受け止めることも必要でしょう。

運動も無理をせず、自分に合ったものを楽しんで行なう事、また、やる気が出ないときはリラックスして休養をしっかり取ることも大切です。アンチエイジングの効果を最大限に高めるには、自分の体が心地よくて楽しいと思える状態で取り組んでいくことが一番の近道になります。無理は禁物です。

ポイント 50代女性のためのアンチエイジングオススメ方法

Copyright(c) xxxxxx All Rights Reserved.