45歳からやっておく抑えておくべきアンチエイジング対策とは

アンチエイジング対策に悩む50代の女性たちの現状はどのようなものなのでしょうか。そもそもこの言葉はいったい、いくつから誰のためにあったのでしょう。世間では50代どころか20歳の女性までもがアンチエイジング対策を意識し始め、男性でももはや常識。いつまでも若くありたい、若々しく見られたいと思うのは年齢や性別を問わず社会現象になっています。

ポイント アンチエイジングを考える前に・・・

若々しくありたい50代の女性のためのアンチエイジング対策とは

特に日本人は年齢が若いほど、得だという考え方が一般的に浸透しているせいもあり、アンチエイジング対策を意識する50代が多いのは当然かもしれません。年齢不詳であったり、または年齢よりも若く見える人を褒めたりします。海外では幼く見られることの方が恥ずかしいという考えもあるのに対して、日本では、老いるという事が美徳とは受け入れがたく、拒否反応も多いのが現状でしょう。

アンチエイジングの意味を調べてみると、アンチエイジングとは、加齢による身体の機能的な衰え(老化)を可能な限り小さくすること、対抗する事。言い換えるといつまでも若々しさを保つために戦うこと、とあります。エイジングとは年を重ねる、加齢していくことです。これは誰もが避けては通れない当たりまえのことです。年齢を重ねていくと当然、身体機能は衰えて、体力は低下してきます。

ポイント まずは50代ならではの身体の変化を知りましょう

若々しくありたい50代の女性のためのアンチエイジング対策とは

では、50代にふさわしいベストなアンチエイジング対策はあるのでしょうか?アンチエイジング対策を行なうなら、50代の方々の現状も考慮しなくてなりません。何故なら、30代や40代の頃と同じ身体ではないからです。

年齢に応じた対策を行うことがアンチエイジングには不可欠となります。特に50代の女性たちは多くの身体の変化、トラブルが起こっているのを実感しているはずです。若いころならまだしも、数年前と比べると格段に体力が落ちてきます。

40代始めと40代中盤でも違いがあります。疲れがとれにくいだとか、ホルモンバランスが崩れ気味だとか、お肌のハリや潤いが少なくなってきたとか、感じることもあったはずですが、40代後半から50代にかけてびっくりするほど、これらのことが加速され、アンチエイジング対策に本腰を入れるようになってきます。

ポイント 疲れが遅れてやってくるメカニズムとは

若々しくありたい50代の女性のためのアンチエイジング対策とは

さらに、回復力が追いつかず週末に休養をしたのにもかかわらず、翌週まで疲れを持ち越すようになってはいませんか?出来ていた事が出来なくなる、無理がきかなくなる、ダメージを受けると回復に時間がかかると言った声を多く聞きます。何かいい対策はないかとアンチエイジングに関する情報を集めるのも50代女性たちは日常的になってきます。

わかりやすくいうと、昨日の疲れがすぐに現れず、翌日に遅れて現れ始め、しかも長く居座る。筋肉痛が翌日ではなく、2~3日経過してから現れるなどの経験はありませんか?これは代謝機能に衰えが出てきていると考えられます。回復力が衰え始め、無茶なことが出来なくなったと感じることが増えてきます。

では、アンチエイジング対策を50代の女性たちは今までしてこなかったのでしょうか?50代の女性たちが20代のころははっきり言ってアンチエイジング対策などと考えることはありませんでした。アンチエイジング対策という言葉はあまり耳にしたことがなかったように思います。

社会風潮も身体のことを考えてケアする今の時代とは違い、楽しみや娯楽を最優先にし、趣味や遊びに忙しい世代です。紫外線の恐ろしさや、食の安全性を知っている人は少なかったので、日焼けも焼きたいだけ焼き、身体に悪影響なものも多く食べ、食事の量も好きなものを食べたいだけ食べていた経験があります。

今になって考えると恐ろしい事ですが、紫外線に当たるほど元気になるだとか、たくさん食べると健康になるなどという昔の考えも影響していてように思えます。後から知らされ驚く事が多く、慌てたという方も多いでしょう。身体作りに関してはどうでしょう。50代の多くの女性に言えることは、昔スポーツをしていた人でも今まで継続している人は少ないようです。

身体作りが目的でコツコツとウオーキングや山登りなどを趣味にしている人はこの頃増えて来ました。ですが、スポーツジムのトレーニング施設の利用者は圧倒的に男性ともっと若い世代、もしくは60代以降の女性の方々が多くの見られ、スイミングプールなども同様な事が言えます。

年代に最適なスポーツ施設を探すことに苦労する・・・という多くの声自分自身のメンテナンスが重要であると感じてきて、何かを始めなくてはいけない!と思いあせりはじめるこの頃。親世代は70歳後半~80代という、人生を考えさせられる現実を見るたびに
このままでは、自分たちの親世代の年齢になった時が怖いと思い運動を始めるきっかけになっている方も多いようです。

ですが、いざ体験や見学にと文化教室、カルチャー講座などに行くと年齢層が高くてなかなかマッチしたものに出会えないという経験はありませんか?フィットネスクラブに入会したけれどせっかく休日に行っても男性の中では少しも楽しめないという声を聞きます。若いころは平気だったかもしれない場所も私たち50代女性にとってはとてもハードルの高いものになっていると気付く事があります。

ポイント 50代女性のアンチエイジング対策とは

若々しくありたい50代の女性のためのアンチエイジング対策とは

50代の女性のアンチエイジング対策の運動は少し違うのです。なぜならば目的がただ単に筋肉維持や筋肉量を増やしたり運動能力を伸ばしたりというものではなく、また、タイムや運動の量にこだわって行なうものとは全く異なるものになります。タイムや運動の量に重点を置き競争心を持って行う運動は男性のための運動、または最も早い段階で始めるものです。例えば30代までにしっかりとやっておくべき運動なのです。

50代の女性がフィットネスジムでマシーンをひたすらに使いトレーニングをするという事が続かない、または面白くないのは脳もホルモンも心も喜んでいないからです。少しも楽しいと感じていない事を続けていたらどうなるでしょうか?筋肉がつきさえすればいいから、我慢して続けていたらそのうち慣れて来てだんだんと楽しくなるから。答えはNOです。

辛いと思うことは身体にもストレスがかかり思ったほどの結果は出ないですし、それどころか、心が楽しいと思えない事や、弾んで取り組めていないのなら女性ホルモンにとっていいはずはありません。反対に逆効果になっている可能性があります。

ほんのわずかしか一生に分泌されない女性ホルモンを自らの手で減らすわけにはいきません。このホルモンといかにして上手に付き合うかが、アンチエイジングの対策の大きな鍵でしょう。少しでも長く女性らしさを保ちたいと思うならば男性と同じことをしていいはずはありません。

ましてや20代や30代の方と肩を並べて運動の量を競ってはもってのほかです。かといって60代以降の方々の中に混ざって一緒に仲良く同じエクササイズや、身体を鍛える指導などを受けていてはそれも問題があるのはもうお分かりいただけましたね。その年代に応じたものでないと、逆効果になる事が。

だから私たち女性は同世代の中でエクササイズやスポーツなどをしている時に楽しめ心からリラックスしてでき、その結果としてホルモンにも効果的に作用して、結果的にアンチエイジング対策として有効的だといえるのです。

ですから、やみくもにただ身体を動かしている時間だけを目的にして運動を終わらせているのなら今一度見直し自分が楽しめかつ、女らしさも維持できるようなものこそがこれからの50代の女性たちには効果的なアンチエイジング対策といえるでしょう。

世代別!アンチエイジング対策

ポイント 50代が抑えておきたいエイジング対策

Copyright(c) xxxxxx All Rights Reserved.